Navigation




FXのメリットとデメリットまとめ

88uisfd メリットとは何か?FXならではのメリットをご紹介します。

【手数料が安い】

外貨投資と聞いてすぐに思い浮かぶのは「外貨預金」ではないでしょうか。実はこの外貨預金は、あまり収益を出すという側面では有利ではないのです。というのも、手数料が高いため。FXの場合なら、外貨預金でかかる手数料の1割程度に抑えることができます。

【小額投資が可能】

株式取引とは異なり、一口数十万から数百万からといった大きな額を用意する必要はありません。法改正に伴い外貨取引の自由化が進み、1万円程度の小さな額でもFX取引に参加できるようになりました。手軽に始められるという親近感もFXの魅力です。

【いつでも好きな時に取引できる】

時間の制限的な拘束がなく、平日は24時間いつでも好きな時に取引ができます。

【分析、調査時間を短縮できる】

株取引の場合、まずは銘柄選びを行う必要があります。膨大な企業の中から優良株を見つけ出すのは至難の業。

調査や企業についての研究など時間もかかりますが、FXならば主要な通貨についてポイントを絞れば良いだけですので、選択するまでの分析時間もそこまでかかりません。


【大きなリターンも期待できる】

レバレッジにより元手の投資金額よりも大きなリターンが返ってくるチャンスがあります。リスクもありますがレバレッジは上手に利用すれば、元手よりも大きな金額で取引をすることも可能です。

【局面を選ばず利益を出せる】

FXは「外貨売り」から入ることができます。これにより円高、円安どちらの局面でも運用次第では利益を得ることが可能です。

【公正取引・不正を避けられる】

日本国内でよく聞かれるインサイダー取引、こういった不正がないのもFX市場が世界規模である利点です。

【希望条件での取引成立】

世界規模の市場を相手にするため、参加者も大規模。そのため取引相手が見つかりやすく、希望する条件の取引を成立させやすくなります。

デメリットとは何か?

メリットとデメリットは背中合わせ、もちろんFXにもデメリットがあります。

【FX業者が経営破たん、倒産】

口座開設したFX業者が経営破たんに陥ると、預けていた資産が戻ってこないリスクがあります。この点に関しては、まず口座開設する前に信託保全を取り入れているかどうかを必ず確認することで最悪の事態を防ぐことができます。しっかりと信託保全を導入している業者を選びましょう。

【予期できない事態に影響される】

紛争、災害、テロといった予測できない事態が発生すると、為替の変動も避けられません。関連する通貨が一気に暴落してしまうという危険性もあります。ただ「逆指値」で注文し、下がり値のリミットを決めておくことができます。リミットの値になったら自動的に決済を行うという設定をしておけば、損失を大きくすることを避けられます。

【レバレッジはリスクにもなる】

レバレッジはメリットでもありますが、逆にリスクを負うデメリットにもなりえます。元手の入金額以上の資産を動かすことができるため、損害も自分の持ち資産以上になることがありますので注意が必要です。もともとレバレッジのないハイロー・オーストラリアを選ぶか、最初から大きなレバレッジはかけないようにコントロールし、3倍~5倍程度から始めることをお勧めします。


株式投資


株式投資は株価が上がり調子になってから株式投資を始める人もいますが。株式投資をしている人のほとんどは、株価が低迷しているときのも株式投資をしています。しかし、彼らのほとんどは株価の値下がりを予想して空売りをかけるということをあまりしません。

だからといって、彼らのほとんどは、景気がよくなり株価が上昇するまで購入した株式を保有し続けるような長期投資をしているわけではありません。彼らのほとんどは、短期的な値上がりを予想した取引をしている人なのです。


追加記事


リンクメニュー


サイト一般情報