Navigation




FX取引のリスク

 投資を行うという事は多かれ少なかれ、必ずリスクを負うことになり、例えば銀行の普通口座にお金を預けていたとしても、これに対して金利というものが付き、この金利は銀行が顧客から預かった貯金を資金として投資運用を行っているからであり、この銀行の資金繰りが悪化してしまえば、銀行が経営破たんし、預けている貯金が戻ってこなくなるなどのリスクにさらされます。

もちろん、銀行に預けた貯金は預金保険制度に守られているために、その範囲内での保証がされているために、比較的安全なものであるといえるでしょう。
しかし、FXの投資取引ではこうした保証はほぼされておらず、銀行とは違うために、投資を行って資金が失われたとしても、それが保証されるようなことはありません。

このような状況下での投資取引であるために、銀行の利息など比べ物にならない大きな金額を、極めて短い間に利益として得ることができるために、様々なリスクに対する対応策を考えておかなくてはならないのです。

関連: 【ハイローオーストラリア.co】

FXでのリスクの中でよく話に上がったり取り上げられるものは2つあり、そのうちの1つが為替相場のレート変動によるリスクです。
新規の注文を行って通貨を手元にし、この通貨に為替レートの変動による利益が生まれるを待ち、利益が出たら手元の通貨を決裁して解消することで、そこに利益が残ることになります。
このようにFXでは、為替レートの変動によって利益を得る仕組みになっているために、その裏側にある為替相場の変動リスク、つまり、利益の方向に為替レートの変動が進むのではなく、損失の方向に進んでいくというリスクに、必ずさらされることになるのです。

これを防ぐためには、為替レートが利益方向に進んでいくのをひたすらに待ち続けるか、諦めてなるべく小さい損失で決済をして注文を終わらせるかのどちらかになります。

FXの取引きでは、後者の方法がよくとられ、これを損切りと呼んでいます。発生した損失は小さいうちに決済して被害の拡大を防ぎ、これによって残すことのできる資金を使って次の投資を行い、そこで新たに利益をつかむチャンスを待つわけです。

もちろん、選択の方法として通貨を持ち続けて為替レートが利益方向に向くのを待つという方法がありますが、レートが必ず上に向くとは限らずに下がり続ける可能性もあり、またその間の時間は取引きを待ち続けなくてはなりません。

また、FXでは取引業者に預けている証拠金の金額と、投資家が持っている通貨の損失の金額を比べ、一定の割合に達した場合には、証拠金内の損失に抑えそれ以上の損害を投資家に与えないようにする「ロスカット」という仕組みがあります。
このロスカットにより、損失が大きくなりすぎた場合には、その回復を待つことなく強制的に損失の決済が取引業者の手で行われるために、事実上、為替レートの変動を待ち続けることはできないのです。

もう一つのリスクは、通貨に設定されている金利のリスクになります。
通貨の金利は、通貨を発行する国などによってその流通量を調整するために設定されているために、為替レートほど頻繁に変動することはないのですが、月ごとに見直しが行われ、細かな調整が入ったり、また、経済的な混乱や不安要素が大きな場合には、大幅な変更がされることになります。
通貨の金利差であるスワップポイントを、日ごとの集計で積み上げていくような長期取引でFXを行っているような場合には、その利益が少なくなったり、保持している通貨の金利差がマイナスになることで、コストとしてその差額を支払わなくてはならなくなることもあるのです。


株式投資


株式投資は株価が上がり調子になってから株式投資を始める人もいますが。株式投資をしている人のほとんどは、株価が低迷しているときのも株式投資をしています。しかし、彼らのほとんどは株価の値下がりを予想して空売りをかけるということをあまりしません。

だからといって、彼らのほとんどは、景気がよくなり株価が上昇するまで購入した株式を保有し続けるような長期投資をしているわけではありません。彼らのほとんどは、短期的な値上がりを予想した取引をしている人なのです。


追加記事


リンクメニュー


サイト一般情報